Sennin Web

Just another Sennin Blog

雲 Cloud '02 vol.1

雲 Cloud '02, originally uploaded by Sennin Photos.

 ブログを始めようと思ったきっかけは、生け花でした。

 月に三回の頻度で生け花をしています。続けて6年が経ちました。

 続けていても、特に上達をするということはありませんでしたが、最近ようやく作品に変化をつけたいと思うようになってきました。

 そのタイミングと、生け花の作品をちゃんと写真に撮って残しておきたいという前々からの思いから、PCとカメラを一新。その時からブログをやろうと決めていました。

 PCを新しくしたことで、ネット環境が格段によくなり、新たなネットサービスも色々と試したくなってきました。

 どこのブログにしようか探していた時、偶然見つけたTumblr。

 知ってはいたが、友人がやっている理由で始めたTwitter。

 写真のアップロードで前々から利用したいと思っていたFlickr。

 普段聴いてる曲のリストをブログに載せたいという思いから見つけたLast.fm。

 そしてブログは様々なデザインが豊富に揃っているBloggerに決めました。

 Bloggerを利用している人で、それらのサービスをBloggerに連携させているサイトを見たことに触発されて、自分でもそれらのサービスをブログと連携させたいと考えました。そのようなことからBloggerのサイト画面の中にそれらサービスで投稿した内容の見出しを載せることにしました。

 今はまだサービスの相互的な連携を意図的、能動的にしていませんが、ゆくゆくは(一年くらい経った後かもしれませんが)それら全てを相互に連携させ、閲覧者が自由に行き来できるようにしたいと考えています。

 とにかく続けること。生け花では6年同じ花器を使い続けました。6年とは言いませんが、ブログをもっと続けることができて、もう少し変化が欲しくなってきた時、その時に連携しやすいサービス(今ならばTumblrやTwitterなどを考えています)ともう少し相互的な連携をとってみたいと考えています。

 Tumblrを始めた初期の頃に流れてきた、以下の文章は私にとってとてもはげみになっています。このことを忘れずに、続けていきたい。そして続けていくなかで、変化を楽しみたいと思います。

「スタンド・バイ・ミー」「キャリー」「シャイニング」など、ハリウッドで映画化され続けるミステリ界の大御所スティーブン・キング。

高校時代に書いた小説が後に出版されたような、文字通りの天才作家です。すでに30年以上、発表する作品すべてが米国ではベストセラー入り、という本物の「才能」の持ち主。

そのスティーブン・キングは「才能」についてこう語っています。

才能というのは、研いでないナイフのようなものだ。 毎日、ただ毎日書き続ければ、そのナイフを研ぐことができる。

人によってナイフの大きさは違う。 しかし研いでみないことには、そのナイフがどんな形なのかわからない。 小さくてよく切れる果物ナイフなのか。巨大な岩もまっぷたつに切り裂く大ぶりの刀なのか。

才能のある・ないというのは単にこのナイフのサイズのことだ。 大きな刀なら歴史的な大作が書けるだろう。でも小さなナイフでも、本を買ってくれる人を一晩夢中にさせる程度の作品を書くには充分だ。

だからナイフのサイズが問題じゃない。 それが本当にナイフか、つまり「研がれているか」どうかが問題なのだ。

だから大事なことは、ナイフを研ぐこと。毎日書くことである。

(via 岡田斗司夫「プチクリー好き=才能!」

Why did you start blogging, was flower arrangement.

Flower arrangement are often three times a month. Followed by six years have passed.

Even if continued, means that the progress was not particularly, I think we now want to work only recently changed.

Timing and that's why I want to keep it from people before taking pictures of flower arrangement works perfectly, PC camera and renewed. I decided to do a blog at that time.

The new PC that became a much better network environment, many things have become even test out new network services.

I was looking everywhere to blog, stumbled Tumblr.

Had to know, because started doing my friend Twitter.

I thought long before you want to use the photo upload Flickr.

Her hope the idea of a blog found a list of songs I usually listen to Last.fm.

And blogs are packed with a variety of designs to chose Blogger.

Who are using Blogger, Blogger service has been inspired by those seen by linking to that site, and thought you want to work with those services in their own blogs. Blogger Since decided to put such content heading their service post in the Site window.

Now intentional mutual cooperation of the service yet, but not actively so, eventually (after about a year later may be) by linking them all together, a free viewer We hope to be able to come and go.

Continue anyway. The vase flower arrangement using the same six years continued. Six years and say that, you can continue to blog more, when she makes me want a little change, collaboration-friendly service at the time (if I'm thinking about Twitter and Tumblr, etc.) with little mutual I think I want to take cooperation.

Tumblr has started flowing to the early days, the following sentence has me very Hagemi. Do not forget this, I want to continue. As we continue, and I enjoy the change.

"Stand By Me," "Carrie," "Shining", such as veteran world of Stephen King mystery continues to be a Hollywood movie.

Later published as a novel in high school is literally a genius writer. Already more than 30 years, the United States entered to find his best to announce, that the real "talent" of the owner.

Stephen King is "talent" is said about.

Talent that is not the kind of knife sharpening.

Every day, we continue to write every day, but it can sharpen a knife.

Some people are different sizes of knives.

You never know until you wash, but I'm not sure what type of knife.

A very sharp paring knife or small. A large portion of the sword or even huge rock cut the Cloven.

The lack of talent is simply not the size of this knife.

If you would write a historical epic big sword. But even a small knife, to write a piece about the intoxicating night someone is enough to buy a book.

So it's not the size of the knife.

What it really a knife, or "it is edged that" if the problem is.

So important is sharpening the knife. Is to write every day.

(Via her husband, Tsukasa Okada Doo "-like talent Puchikuri!")

0 コメント:

コメントを投稿

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

Labels

Recent Posts

     

Profile

自分の写真
上田市, 長野県, Japan
ブログ初心者です。相互リンクしてくれる方募集中。コメント頂けると嬉しいです! Six years now living in Ueda City,Nagano Prefecture. I'm having a mellow day for the inspiration. I am a beginner Blog. I wanted to cross-link. I am happy that you feel free to comment.

Blog Archive

Sennin Memos Image

Favorite Tweet

このガジェットでエラーが発生しました

Sennin Lists